窓でのCVSの使い方が分かった。

OSSではよく利用されてると思うんだけど。

まずWinCVSをインストール。 これにはCUIのCVSが含まれてるらしい。

インストールしたフォルダまで移動して、 SourceForgeにあるコマンドを叩く。

カレントディレクトリにダウンロードされる。