プログラミング言語/Ruby


Windowsの場合

Windowsで動くRuby処理系には、いくつか種類があります。

Cygwin版
その名の通りCygwin上で動作させるものです。インストールはCygwinのsetup.exeを頼ってくださ(ry
mswin版
ふつーにWindowsで動くものです。Windowsとの相性も最も良いでしょう。
wince版
W-ZERO3等winCE機で動くものです。配布元はRubyの公式ページではありません。 エディタやDOS窓は自分で探してください。そこまで面倒見れません。 環境設定も自分でがんばってください。 配布元

さらに、mswin版については、ActiveScriptRubyという、その名の通りActiveScriptエンジンとのブリッジを備えたバージョンもあります。

Windowsへのインストールは、インストーラにまかせっきりでぉkなものが楽でしょう。

ダウンロード場所 ここの「各環境用バイナリ」の辺り

ただ、インストーラがパスを通してくれるとは限らないので、 環境変数PATHの設定はきちんと確認しましょう。

Windowsでの環境の整え方はここに詳しく書かれています。インストールから、初めてのRubyスクリプトの実行までかかれてあるので、参考になるでしょう。

UNIX系OSの場合

DebとかRPMとか、まぁいろいろあるでしょ。 というか、最近のLinuxディストリビューションだと 始めからインストールされている可能性大。

aptが使えるDebianやUbuntuの場合は、

# apt-get install ruby

yumが使えるFedoraの場合は、

# yum install ruby

でOKです。ただし、一部のライブラリが入らない場合があるので、その場合はエラーメッセージなどでググるといいでしょう。

MacOSの場合

MacOS9以前ではRubyで遊べないようです。残念。
MacOSX 10.2以降であれば、標準でインストールされています。
MacOSX 10.1の人は、Rubyをダウンロードしましょう。

最新版が欲しい場合は、パッケージ管理ツールを使ってインストールしましょう。
有名なところではMac Ports、Fink等があります。

MacOSXでのパッケージ管理ツールのインストール方法については、
既に色々な人がまとめているので割愛します。

自分でコンパイル!

作成中。 ただ、新しめのsedとbisonが要ります。 autoconfとmakeは言うまでもなく要ります。 (もちろんgccも)

というわけでUNIX系では無問題ですが、 WinだとMinGW+MSYSが無難かと思われます。 Cygwinもアリでしょうが、MinGWでコンパイルした拡張ライブラリは そのままmswin版Rubyでも動いたりするので。

新たな動向

IronRuby
IronPython?のように、Silverlight上のMS製Ruby処理系。
NetBeans
Java製IDE。JRubyでRubyも開発できる。
Rubinius
Smalltalkを見習ったRubyの実装。C++によるVMとコアに、Rubyによるクラスライブラリ。