はじめに

概要

Free Pascalとは、Object Pascalをもとにオープンソースで開発されている言語。
Delphiとある程度互換性があるので、Delphiのつもりでプログラミングできる。

メリット

  • Delphiを知ってれば簡単に書ける。
  • クロスプラットフォームなのでWindowsでもLinuxでも同じコードで動く(一部処理系依存を除く)。

デメリット

  • クロスプラットフォームであるが故に無駄な部分が多い。
  • Delphiと比べコンパイル速度が遅い。
  • 内部がUTF-8なので、UTF-16であるWindowsではオーバーヘッドが生じる。

インストール

Free Pascal(コンパイラ)

Lazarus(統合開発環境)を使う場合は入れなくてもおk。
http://www.freepascal.org/download.var で自分の環境に合うものをダウンロード。
Windowsの場合はインストーラなので適当に進める。

Lazarus(統合開発環境)

http://www.lazarus.freepascal.org/ のメニューのDownload Lazarusから自分の環境に合うものをダウンロード。
Windowsの場合はインストーラなので適当に進める。

現在(0.9.26.2)ではIDEへの日本語入力がおかしい部分があったりするが、MLの人たちの頑張りにより、0.9.27からは正常になるらしい。

リンク

開発元
http://www.freepascal.org/

ML
http://www.freeml.com/lazarus/