ことわりがない限りWindows主体なので注意

 

まずはApacheをインスコ

↑これはサーバーになるわけだ

Mac OS Xの場合は、ApacheとPHP、Perlなどは既にインストールされてるので設定ファイルの編集までGO!(Apacheの起動は環境設定で。PHPはhttpd.confの設定をすれば、稼働します)

インスコ方法

  1. NEXTで進めていく
  2. Network Domainとか出るページがあると上から「localhost」「localhost
    空白だと鯖起動時にエラー(インストールは可能)みたいなので、
    admin@localhost.localdomain」とでも入力
  3. 下のチェックボックスは上の●をクリック(Run as a service for All Users)
  4. CompleteをクリックしてNEXT
  5. インスコフォルダを指定してNEXT
  6. インスコ開始

インスコが終了したら

http://localhost/にアクセス汁!!

画像
↑このページが見れれば成功だお( ^ω^)

次にPHPをダウソ

  • ↑これをダウンロードして解凍汁
  • フォルダ名を「PHP」に書き換える
  • C:\ にPHPフォルダを移動させる

設定

  • php5ts.dllのコピー
    • Windows 2000 の場合
      • php5ts.dllC:\WINNT内にコピー
    • Windows 98/Me XP Windows Server 2003 の場合
      • php5ts.dllC:\WINDOWS内にコピー
  • php.ini-distのコピー
    • Windows 2000 の場合
      • php.ini-distC:\WINNT内にコピー
      • コピー後、php.ini-distphp.iniと名前変更
    • Windows 98/Me XP Windows Server 2003 の場合
      • php.ini-distC:\WINDOWS内にコピー
      • コピー後、php.ini-distphp.iniと名前変更

php.iniの修正

  • 先ほどコピーしたphp.iniを開いてください
  • extension_dirを指定
    extension_dir =
    これを
    extension_dir = "''c:/PHP/ext''"
    にする
  • 使用するDLLを指定
    ;extension=php_bz2.dll
    ;extension=php_cpdf.dll
    ;extension=php_curl.dll
    ;extension=php_dba.dll
    と、なっているのを全て先頭のセミコロン「;」をはずそうか
    extension=php_bz2.dll
    extension=php_cpdf.dll
    extension=php_curl.dll
    extension=php_dba.dll

httpd.confの修正

  • C:\Program Files\Apache Group\Apache2\confにあるhttpd.confを開く

一番上に下記のように記述汁

# PHP 5 の場合
LoadModule php5_module "C:/PHP/php5apache2.dll"

# php.ini の場所を設定
PHPIniDir "C:/WINDOWS"

ScriptAlias /php/ "c:/php/"
AddType application/x-httpd-php .php

# PHP 5 の場合
Action application/x-httpd-php "/php/php.exe"

自分がPHPを置く場所を指定する

#
# DocumentRoot: The directory out of which you will serve your
# documents. By default, all requests are taken from this directory, but
# symbolic links and aliases may be used to point to other locations.
#
DocumentRoot "【自分がPHPを置く場所への絶対パス】"

俺の場合

#
# DocumentRoot: The directory out of which you will serve your
# documents. By default, all requests are taken from this directory, but
# symbolic links and aliases may be used to point to other locations.
#
DocumentRoot "D:/web/php"

と記述すると、D:/web/phpに置いた.phpファイルが実行できる 下にいくと

#
# This should be changed to whatever you set DocumentRoot to.
#
<Directory "D:/web/php">

とあるので、これも設定しておこう

Mac OS Xの場合は、環境設定パネル->共有のWeb共有をチェックすればApacheが起動します。 10.4まではApache 1.2が、10.5からはApache 2がインスコされてます。 LoadModule php5_moduleとAddType application/x-httpd-php .phpにの頭に付いてる#をはずせばおk。

Apacheの再起動

  • スタートプログラムApache→Control Apache ServerRestart
  • Apacheが再起動される
  • ※再起動してエラーが出たらhttpd.confの設定ミスです><;

Mac OS Xなどでは、再起動はターミナルなどコマンドラインで sudo apachectl -restart(管理者パスワード必須)。Mac OS Xでの再起動は設定パネルでも可能(共有のOn/Offを切り替えれば再起動します)。

Syntax Errorとか出たらhttpd.confの設定ミスです><;

PHPを動かそう

PHPが動くか確認♪
先ほどDocumentRootで指定したフォルダを覚えておいてください。
俺の場合は

DocumentRoot "D:/web/php"

と設定しているので、

D:/web/php

へ移動します。

次に、メモ帳で下記のように入力してください。

<?php
phpinfo();
?>

そして、「info.php」と名前をつけて、指定したフォルダに保存してください。
保存できましたか?では、それを見てみます。

http://localhost/info.php←へアクセスしてください。
画像
↑こんな画面が出てきたかな、かな?
出てきたらPHPの環境構築は終了です><;

上の場合は、「D:\web\php」が「http://localhost/」になると考えてください。

PHPができる環境が整ったので、初歩的なことだけ・・・。

とりあえず文字を出力

<?php
echo "Hello Vipper!";
?>

とメモ帳で書いて、「hello.php」と保存してください。 これが文字出力の基本的な文になります><;