元ネタ

プログラミング初心者スレ・Part1
http://yutori.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1195645613/

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/21(水) 20:50:08.21 ID:cmLDyUZr0
    基本形
    
    #include<stdio.h>
    
    void main()
    {
    
    return 0;
    
    }

せっかくだから何が悪いのかもちゃんと書きなさいよ><

C言語

という訳で、元ネタで示された基本形の悪いと考えられるところを突っ込む。
ちなみに、元ネタは以下のもの。

#include<stdio.h>

void main()
{

return 0;

}

一見どこにでもあるようなスタイルに見えるが、いくつかの真似するべきでない過ちを含んでいる。すなわち

  • main関数がvoid型になっている
  • returnが値を返している
  • 使ってもいないライブラリを読み込んでいる。

というものだ。

最初の、main関数がvoid型になっているのは、非常によくみるコードだ。
けれども、ANSIではmain関数はint型で定義するよう定められている。
標準に従うべきか?という議論はあるだろうけれども、俺様オンリーソースでない限り、標準に従っておくのが無難だ。
スレでは標準にこだわる標準厨が沸くことがあるが、 厳密に標準に準拠する必要はないと筆者は考えているので、 「可能な限り」標準に従えるよう、努力すれば十分だろう。
それを差し引いても、voidなmain関数はよくない書き方だといえる。
ちなみに、大学の講義で使われる教科書や、古いタイプの教授はmainをvoidで書きたがる傾向にあるので、注意が必要だ。
さらにいえば、voidすら書かない古いタイプのものある"rogue"などがそうだ。

次のreturnが値を返しているという点だが、 これは「mainがvoid型なのに、値を返すのはおかしい」という意味である。
もしmainがint型なら、値を返すのもおかしくはない。
voidのreturnで返された値は、処理系によっては無視されるだろうが、 厳密には正しくないので、returnだけにしておくか、そのまま`}`に落としてしまって、 voidであることを読み手に理解させたほうが良いだろう。

これらを踏まえて書くと、先の基本形は

#include<stdio.h>

int main()
{

return 0;

}

となる。

今回はmainをint型に直したので、returnが値を返していてもおかしくなくなった。
きちんとした土台の上に家を建てることが、丈夫な家への近道なのである。

さらに言えば、1行目の

#include<stdio.h>

これも不要といえる。いわゆる"おまじない"とされるものであるが、 実際これは、画面に文字を表示する等(printf)の便利なライブラリを読み込んでいるに過ぎない。 だが、じっさいのプログラムは何もしていないのでこのライブラリ"stdio.h"はまったく利用されていない ことになる。
最終的には以下のように添削されよう。

int main()
{

return 0;

}